日本菌学会第64回大会

2020年6月19(金-21(日)
大阪市立自然史博物館(大阪市東住吉区)

日本菌学会第64回大会(大阪大会) 中止のお知らせ(第一報)

2020年6月19日(金)~21日(日)に開催される予定であった日本菌学会第64回大会(大阪大会)を中止とさせていただきます。

中止という判断に至った理由は以下の通りです。

 

  • 新興感染症COVID-19の一層の拡大が大阪府下で続いている局面であり、事態の終息が見込めない状況であること。またこのため、年内の安全な時期が見通せないことから、延期という判断も難しいこと。
  • 上記の事態を受け、会場となる大阪市立自然史博物館が「当面の間」休館中であり、本日(4月3日)時点で5月末日までのすべての行事がキャンセルとなっていること。
  • 大阪府下での不要不急の外出自粛要請が出ており、博物館でのミーティングも自粛が要請されるなど、打ち合わせなどにも支障が出ていること。
  • 大学、研究機関による出張中止要請があるという声が複数寄せられており、これから多くの参加キャンセルが発生すると見込まれること。
  • 大会会場では、ポスター発表や懇親会などの多くの場において、参加者が「密集・密着」しやすい近距離での会話などが生じやすく、感染拡大の危険が大きく、一方で発表方法など大会の運営形態を大幅に変えるといった手段も急には実現できないこと。
  • 大会には、日本全国から参加者が集まるとともに、多数の中高生からも参加や発表の申し込みが寄せられており、クラスター発生防止の観点からも開催が難しいこと。

 

などから、大会事務局としては大阪大会を中止とすることをやむなしと判断しました。

 

大阪大会の中止に伴い、6月19日(金)に予定されていた理事会や総会(代議員会)など各種委員会の代替開催方法については、学会庶務担当を中心に現在調整しています。

 

また、発表要旨提出済み・参加費用支払い済みの皆様の発表の取り扱いや、受賞講演、講演要旨集、各種費用の返金などについての詳細は現在調整中であり、近日中に改めて詳細を発表いたしますが、概ね直近に行われた日本生態学会や日本植物分類学会の例に準じて進めさせていただきたいと考えています。

 

なお、これに伴い、大会期間中に開催予定であった写真展につきましても中止となりますので、ご承知おきください。

 

大会を楽しみにしていただいた皆様、そして発表を予定し、要旨執筆の労をとっていただいた皆様には大変申し訳ありませんが、この危機的な状況を鑑み、何卒ご理解をいただければと存じます。

 

本件に関するお問い合わせは第64回大会事務局:msjmeeting64(アットマーク)mycology-jp.org までお願いいたします。

 

2020年4月3日
第64回大会会長 浜田信夫
   大会事務局 佐久間大輔


2020/04/03
< 前の記事     一覧へ